損害保険代理店資格とは? 損害保険会社・損害保険料の比較検討する相談窓口サイト

損害保険代理店資格とは?

損害保険代理店専門試験とは、既に保険募集に従事している方を対象に実施する代理店としての資質の向上を図ることを目的とした試験で、「コンプライアンス」「法律」「税務」の3つのコースにより構成されています。

損害保険代理店資格は、以前は全保険会社共通の資格制度で「初級」「普通」「上級」「特級」とありましたが、現在は各社ごとに損害保険代理店資格区分の呼び名は変わってきています。
が、大きく分けて4段階になる損害保険代理店資格の区分は変わっていません。

資格の上下よりは、よりよく保険商品を勉強している損害保険代理店資格者のほうが適切な保険商品の提供が出来るでしょう。
損害保険代理店資格が上ではなくても、資格上位者より商品の勉強を十分にされている優秀な損害保険代理店資格者もたくさんおられます。

今後は、保険知識の習得に研鑽しない保険代理店あるいはコンプライアンス上問題のある代理店は淘汰されていくことになるでしょう。