損害保険普通資格とは? 損害保険会社・損害保険料の比較検討する相談窓口サイト

損害保険普通資格とは?

損害保険普通資格試験とは、既に火災保険,自動車保険または傷害保険を取扱う損害保険代理店において保険募集に従事している方を対象に実施する、代理店としての資質の向上を図ることを目的とした試験です。

この損害保険普通資格試験は、正確には損害保険代理店普通資格試験といい、2001年3月まで業界共通で実施されていた試験の名称で、現在は、損害保険代理店専門試験という名称で「コンプライアンス」「法律」「税務」の3つのコースにより構成されています。

損害保険普通資格の他には、初級資格、上級資格、特級(一般)資格、特級(工場)資格の4種類がありました。

種別代理店の募集従業員者は、損害保険普通資格を含むこれらの資格のいずれかを取得しなければなりませんでした。

これまでは、これらの資格は、一度取得すれば生涯有効でしたが、今後は更新制となり、5年毎に試験を受験することとなります。