日立キャピタル損害保険とは? 損害保険会社・損害保険料の比較検討する相談窓口サイト

日立キャピタル損害保険とは?

日立キャピタル損害保険株式会社は、ユナム・ジャパン傷害保険株式会社から2004年4月に社名変更しました。

米国では労働者の約70%が所得補償保険に加入しておりますが、その個人向け商品として『PLTD』(長期就業不能所得補償保険)を、日立キャピタル損害保険が開発しました。
「PLTD」は、病気やケガによる就業不能時の所得を補償する保険です。

法人向けには『GLTD』(団体長期障害所得補償保険)がありま、福利厚生として全従業員が加入することにより保険料を全額損金処理することが可能です。

また、ドクターには『ドクター長期収入補償保険』があります。

日立キャピタル損害保険の所得補償保険は病気やケガによって働くことができない時の所得を補償する保険です。
通常の所得補償保険は補償期間が1〜2年ですが、日立キャピタル損害保険の長期障害所得補償保険(LTD)は最長満60歳まで補償します。

また、日本キャピタル損害保険のドクター長期収入補償保険は最長満70歳まで補償します。