損害保険契約者保護機構とは? 損害保険会社・損害保険料の比較検討する相談窓口サイト

損害保険契約者保護機構とは?

損害保険契約者保護機構は、経営破綻した損害保険会社の保険契約者等を保護することにより、保険事業に対する信頼を維持することを目的とした法人です。

以前は「保険契約者保護基金」制度がありましたが、これには破綻保険会社の移転等を受け入れる救済保険会社が現れないと機能しないという問題点があったので、救済保険会社が現れない場合でも対応できる制度として、1998年12月に損害保険業を営む会社によって「損害保険契約者保護機構」が設立されました。

損害保険契約者保護機構の業務内容は、

・破綻保険会社の保険契約の移転等を受け入れる救済保険会社に対して資金援助を行う

・救済保険会社が現れる見込みがないときは、損害保険契約者保護機構自身が保険契約の引受けを行い、損害保険契約者保護機構が子会社として承継保険会社を設立し、保険契約の継続を図る

・保険会社が一時的な資金事情により保険金等の支払いを停止するおそれがあるときは、その保険会社に対し、資金の貸付けを行う

・保険会社が業務停止命令等により保険金等の支払を停止したときは、一定の保険契約者等に対して補償対象となる保険金等の範囲内で資金の貸付を行う

などです。