自動車損害保険、強制と任意 損害保険会社・損害保険料の比較検討する相談窓口サイト

自動車損害保険、強制と任意

自動車損害保険には、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)と自動車任意保険の2種類があります。

自動車損害賠償責任保険とは、車やバイクを所有する時に必ず加入しなければならない、国の保険制度です。

公道を走るすべてのクルマやバイクに加入が義務づけられていることから、一般に「強制保険」と呼ばれています。

自動車損害賠償責任保険の証明書をクルマに積んでいないと、それだけで30万円以下の罰金。

自動車損害賠償責任保険の有効期間が切れていると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となっています。

現在、この自動車損害賠償責任保険の賠償金の最高限度は1事故1名につき、死亡3000万円、重度の後遺障害4000万円、傷害120万円と決められています。

しかし、自賠責の限度額をはるかに超える高額な損害賠償が発生しているため、自動車損害賠償責任保険だけではカバーしきれないものが多く、ドライバーはその不足分を補ってくれる自動車保険を自分の意志(任意)でかけなければなりません。