損害保険料控除について 損害保険会社・損害保険料の比較検討する相談窓口サイト

損害保険料控除について

2007年1月から、所得税法改正により損害保険料控除が廃止され、「地震保険料控除」が創設されました。

ですが、地震保険の他、経過措置の対象になる長期損害保険も控除の対象となります。

また、年金払積立傷害保険、積立傷害保険、地震保険を付帯していない経過措置の対象になる長期損害保険控除の対象となります。

なお、従来は損害保険料控除の対象であった傷害保険や、地震保険の付帯されていない火災保険等は、平成19年以降、損害保険料控除の対象外となっています。

経過措置の対象になるのは、2006年12月末日以前始期の保険期間10年以上の満期返れい金がある保険契約で、2007年1月1日以後に保険料の変更をともなう契約内容の変更があった場合を除き、従前の損害保険料控除が適用されます。