損害保険の種類はいろいろ 損害保険会社・損害保険料の比較検討する相談窓口サイト

損害保険の種類はいろいろ

損害保険とは、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称です。

自然災害や自動車事故など、偶然起こった事故による損害を補償するもので、損害保険会社が予想する損害率に応じて保険料(損害保険料)が決められています。

日本では、損害保険は、保険業法を根拠法とし、金融庁による監督のもとに販売されていますが、火災共済など、保険業法以外に根拠法のある損害保険もあります。

損害保険には、大まかに分けると、

建物、家財、天災、落雷、盗難などが対象の「火災保険」

地震・噴火・津波によって建物や家財が損害を被った場合が対象の「地震保険」

けがによる入院、通院、死亡が対象の「傷害保険」

病気に備える「医療保険」、介護に備える「介護保険」

自動車事故の際、相手・自分・車の損害に対して補償する「自動車保険」

交通事故で、他人を死亡または怪我を負わせてしまった場合に適用される「自賠責保険」

他人のものを壊したり、怪我を負わせたりした場合に適用される「賠償責任保険」

の種類があります。