自動車損害賠償責任保険について 損害保険会社・損害保険料の比較検討する相談窓口サイト

自動車損害賠償責任保険について

自動車損害賠償責任保険(略称、自賠責保険)とは、自動車損害賠償保障法によって、自動車および原動機付自転車を所有する際に義務づけられている損害保険です。

強制的な加入が義務付けられている自動車損害賠償責任保険は、強制保険とも呼ばれています。

この自動車損害賠償責任保険の目的は交通事故が発生した場合の被害者への最低限の補償の確保です。

「被害者に過失がある場合でも過失相殺による減額が緩やかになっている(重過失減額)」、「加害者の家族が被害を受けた場合でも保険金が支払われる」など自動車損害賠償責任保険には被害者に有利な点もあります。

「人身事故にしか対応できない」、「保険金の上限が被害者1人につき死亡3000万円・後遺障害4000万円までと低い」、「加害車両の運転者・保有者の怪我には保険金が下りない」などのこともあるため、それを補うため、別に任意の自動車保険に加入することが一般的になっています。

しかし、任意保険は、自社の支払いを回避するため、自動車損害賠償責任保険によって担保される範囲のみに補償を抑え込むことが常に行われています。この場合、自賠責・任意保険を合わせた一括請求の形を採ることが多く、被害者はそのような欺瞞があったことにすら気付かない場合がよくあるのです。