損害保険代理店とは? 損害保険会社・損害保険料の比較検討する相談窓口サイト

損害保険代理店とは?

損害保険代理店は、損害保険会社との損害保険代理店委託契約に基づき、損害保険会社の代理で保険契約をし、保険料を領収することが基本業務です。

損害保険会社がその代理店として法律行為や事実行為を継続することを依頼し、当該人がこれを引き受け、その取引条件を定める契約を「損害保険代理店委託契約」と言います。

この代理店契約の内容を書面にしたものが損害保険代理店委託契約書で、代理店と保険会社との法的関係を定める基本的な契約書です。

保険契約者に最適な保険提案を行ない、また、万一災害や事故が発生した場合の、迅速・円満な解決など、広範なコンサルティング活動をすることが損害保険代理店の最も重要な仕事です。

損害保険代理店は、損害保険会社から「保険契約の締結」、「保険契約の変更・解除等の申出の受付」、「保険料の領収」、「保険料領収証の発行・交付」、「保険契約者等の告知・通知の受付」などの権限が与えられています。