損害保険募集人とは? 損害保険会社・損害保険料の比較検討する相談窓口サイト

損害保険募集人とは?

新たに損害保険募集人になろうとする人は、まず「損害保険募集人試験」を受けます。この試験は、損害保険募集人としての基本的な資質を確保することを目的としています。

この試験に合格し、金融庁への届出がすんだら、損害保険募集人として活動が開始できます。

保険会社や代理店が守らなければならない法律・規則のなかでも、最も基本的な法律が「保険業法」です。

これは、保険契約者の利益を保護するもので、損害保険募集人の禁止行為や登録制度に関する事項などが定められています。

また、日本損害保険協会は、募集人の資質向上を図るため、損害保険募集人試験に更新制度を導入することを決めました。

これにより2008年度から、新たに募集人になる方、既存の募集人は5年毎に繰り返し試験を受験することになります。