損害保険の代理店について 損害保険会社・損害保険料の比較検討する相談窓口サイト

明治安田損害保険とは?

明治安田損害保険では企業・団体向けに独自のリスクソリューション(リスクを排除・回避するために、合理的・経済的な方法で管理または制御」する手法)による事業の安定と、団体福祉の充実のため、さまざまな商品を提供しています。

企業が「リスク・マネジメント」を進めるには、さまざまな課題を解決する必要があり、このような課題に対して、保険商品・サービスによる「解決策(ソリューション)」を提案することが明治安田損害保険の「リスクソリューション」サービスです。

契約会社と明治安田損害保険が一体となって貴社の取引先に対する与信リスクの軽減を図る仕組みの「取引信用保険」と業務遂行のために行なった会社役員の行為により、損害賠償請求をされた場合、「法律上の損害賠償金」および「争訟費用」の損害に対して保険金を支払う「会社役員賠償責任保険(D&O保険)」が明治安田損害保険のリスクソリューション商品です。

明治安田損害保険のD&O保険は、基本補償(普通保険約款)と特約(株主代表訴訟担保特約)から成り、基本補償部分の保険料は会社負担、特約部分の保険料(合計保険料の10%相当額)は役員が個人負担することになっています。

ニッセイ同和損害保険とは?

100年の歴史を誇る「同和火災海上保険」と、急成長を続ける「ニッセイ損害保険」が合併して、2001年4月、ニッセイ同和損害保険株式会社が誕生しました。

生保・損保融合型の“最強の総合保険グループ”をニッセイ同和損害保険は目指しています。

ニッセイ同和損害保険は、各種損害保険の元受・再保険営業、新保険の開発、損害調査・保険金の支払い、資産運用・融資などの金融業務をしています。

ニッセイグループの“総合力”を最大限に発揮できることは、ニッセイ同和損害保険の最大の強みです。

ニッセイ同和損害保険は、独自性のある商品やサービスの提供をします。

「集合研修制度」では、150にも及ぶ多彩な通信教育を用意するなど、ニッセイ同和損害保険は、社員に自己啓発の場を提供し、組織をよりよいものにするために力を入れています。

エース損害保険株式会社とは?

1999年7月、エース・リミテッドによるシグナ・コーポレーションの損害保険事業部門買収により、日本では同年10月、シグナ傷害火災保険株式会社は「エース損害保険株式会社」に社名変更しました。
前身会社を含めエース損害保険株式会社の日本での実績は、外資系損保会社としては、最長の85年以上にもおよびます。

エース・グループの先進的なノウハウを活かし、エース損害保険株式会社は、日本に根ざした事業を展開しています。
高い支払い余力と、生損保業界初のISO9001認証取得に裏づけされた質の高いサービスで、エース損害保険株式会社は、顧客・代理店から信頼されています。

インターネット専用家庭用自動車保険と海外旅行保険をエース損害保険株式会社では、それぞれの専用サイトで販売していますので、居ながらにして契約ができます。

また、エース損害保険株式会社では、資料請求やパンフレットのダウンロードも自由にできます。

日立キャピタル損害保険とは?

日立キャピタル損害保険株式会社は、ユナム・ジャパン傷害保険株式会社から2004年4月に社名変更しました。

米国では労働者の約70%が所得補償保険に加入しておりますが、その個人向け商品として『PLTD』(長期就業不能所得補償保険)を、日立キャピタル損害保険が開発しました。
「PLTD」は、病気やケガによる就業不能時の所得を補償する保険です。

法人向けには『GLTD』(団体長期障害所得補償保険)がありま、福利厚生として全従業員が加入することにより保険料を全額損金処理することが可能です。

また、ドクターには『ドクター長期収入補償保険』があります。

日立キャピタル損害保険の所得補償保険は病気やケガによって働くことができない時の所得を補償する保険です。
通常の所得補償保険は補償期間が1〜2年ですが、日立キャピタル損害保険の長期障害所得補償保険(LTD)は最長満60歳まで補償します。

また、日本キャピタル損害保険のドクター長期収入補償保険は最長満70歳まで補償します。

大阪府の損害保険代理店

損害保険代理店大阪府、兵庫県)の兵庫福祉保険サービスは、損害保険・生命保険代理店として特に傷害保険・新種保険は官公庁・各種団体からの信頼を得ています。

損害保険業務としては、損害保険代理店大阪府、兵庫県)は、海外留学生保険をはじめ、プロの損害保険代理店として、自動車保険・火災保険の他、専門的な賠償責任保険、各種傷害保険(旅行保険・リクレーション保険・任意労災保険等)に強みを持っています。

損害保険をはじめ、損害保険代理店大阪府、兵庫県)は、最適の保険プランを提供し、万一の事故時には迅速な対応をしています。

このほかに、損害保険代理店大阪府、兵庫県)は、研究機関との提携と独自のマーケティング手法により様々な検証を行ないながら、施設の利用者の立場に立った、介護にかかわる商品・サービスを導入した事業(グラファージ)を運営しています。

また、訪問介護、介護支援、グループホーム、デイサービスなどの事業も損害保険代理店大阪府、兵庫県)は運営しています。

スミセイ損害保険とは?

スミセイ損害保険は、住友生命保険相互会社を通じて、個人向けの自動車保険・火災保険・傷害保険を中心とした損害保険商品の販売を行い、総合生活保障サービスを提供しています。
また、三井住友海上火災保険株式会社と提携し、スミセイ損害保険は業界トップレベルの損害サービスネットワークを展開しています。

また、従業員一人ひとりの能力の向上を図るため、従業員一人ひとりの能力の向上を図るため、スミセイ損害保険は、新入社員研修をはじめ部門別研修などの社内研修、損害保険に関する社外研修などの活用を行っています。

従業員一人ひとりの能力の向上を図るため、スミセイ損害保険は、新入社員研修、部門別研修などの社内研修、損害保険に関する社外研修などの活用を行っています。

スミセイ損害保険は、(社)日本損害保険協会が行う、自動車を対象とした「部品補修キャンペーン」、「リサイクル部品活用キャンペーン」、「エコ安全ドライブ啓発活動」などの社会公共活動に参加しています。
また、環境問題への取り組みとしてスミセイ損害保険は、夏季軽装勤務の実施など、資源の有効活用促進を行っています。

三井ダイレクト損害保険とは?

三井ダイレクト損害保険会社は、国内損保の中では指折りの安さの自動車保険会社です。

自動車保険の見積もりをとって見て、三井ダイレクト損害保険が一番安かったという声が多く聞かれます。

年齢・性別・用途・運転歴・安全装置の有無などの区分によって各保険会社の独自の判断で保険料を算出する割引制度を採用した、リスク細分型自動車保険を導入しているので、三井ダイレクト損害保険の自動車保険は、条件によってはかなり安くなる可能性があります。

三井ダイレクト損害保険の口コミには、「保険料が安い」、「事故後の処理、アフターケアも万全」、「ロードサービスが無料」など良い評判もたくさんありますが、批判的な評判に共通しているのが、「事故時の他社との交渉力に難がある」という点です。

もし、自動車保険をどこにするか悩んでいるのなら、三井ダイレクト損害保険を含む、最大15社に一括見積もりできるサービスをおススメします。

あいおい損害保険株式会社とは?

あいおい損害保険株式会社」の「あいおい」は「相生」と書いて、共に生きる、一緒に生まれ育つこと、また「愛生」と書いて、愛が生まれる、との意味を持っています。

また、あいおい損害保険株式会社のブランドを「IOI」とし、これを「あいおい」と読みます。この「I」は人を、「O」は人を繋ぐネットワークを意味しています。

またシンボルマークは、「IOI」をモチーフに2つの躍動する「I」、それによって構成される「O」で、あいおい損害保険株式会社のめざす総合的・発展的な事業のダイナミズムと社会とともに歩む基本姿勢を表現しています。

あいおい損害保険株式会社では、契約の申込み時に、「ご契約内容確認書」に記入することで、その保険がお客さんの希望にあっていて、適切な契約内容や保険料が提供できているかを代理店・扱者が、確認する「安心・ご確認運動」を実施しています。

これは現在、あいおい損害保険株式会社で加入している契約内容についても実施しています。

損害保険代理店とは?

損害保険代理店は、損害保険会社との損害保険代理店委託契約に基づき、損害保険会社の代理で保険契約をし、保険料を領収することが基本業務です。

損害保険会社がその代理店として法律行為や事実行為を継続することを依頼し、当該人がこれを引き受け、その取引条件を定める契約を「損害保険代理店委託契約」と言います。

この代理店契約の内容を書面にしたものが損害保険代理店委託契約書で、代理店と保険会社との法的関係を定める基本的な契約書です。

保険契約者に最適な保険提案を行ない、また、万一災害や事故が発生した場合の、迅速・円満な解決など、広範なコンサルティング活動をすることが損害保険代理店の最も重要な仕事です。

損害保険代理店は、損害保険会社から「保険契約の締結」、「保険契約の変更・解除等の申出の受付」、「保険料の領収」、「保険料領収証の発行・交付」、「保険契約者等の告知・通知の受付」などの権限が与えられています。