損害保険の種類は? 損害保険会社・損害保険料の比較検討する相談窓口サイト

自動車損害保険、強制と任意

自動車損害保険には、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)と自動車任意保険の2種類があります。

自動車損害賠償責任保険とは、車やバイクを所有する時に必ず加入しなければならない、国の保険制度です。

公道を走るすべてのクルマやバイクに加入が義務づけられていることから、一般に「強制保険」と呼ばれています。

自動車損害賠償責任保険の証明書をクルマに積んでいないと、それだけで30万円以下の罰金。

自動車損害賠償責任保険の有効期間が切れていると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となっています。

現在、この自動車損害賠償責任保険の賠償金の最高限度は1事故1名につき、死亡3000万円、重度の後遺障害4000万円、傷害120万円と決められています。

しかし、自賠責の限度額をはるかに超える高額な損害賠償が発生しているため、自動車損害賠償責任保険だけではカバーしきれないものが多く、ドライバーはその不足分を補ってくれる自動車保険を自分の意志(任意)でかけなければなりません。

自動車損害賠償責任保険とは?

自動車損害保険には、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)と自動車任意保険の2種類があります。

自動車損害賠償責任保険とは、車やバイクを所有する時に必ず加入しなければならない、国の保険制度です。

公道を走るすべてのクルマやバイクに加入が義務づけられていることから、一般に「強制保険」と呼ばれています。
自動車損害賠償保険の証明書をクルマに積んでいないと、それだけで30万円以下の罰金。自動車損害賠償責任保険の有効期間が切れていると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となっています。

現在、この自動車損害賠償責任保険の賠償金の最高限度は1事故1名につき、死亡3000万円、重度の後遺障害4000万円、傷害120万円と決められていますが、自賠責の限度額をはるかに超える高額な損害賠償が発生しているため、自動車損害賠償責任保険だけではカバーしきれないものが多く、ドライバーはその不足分を補ってくれる自動車保険を自分の意志(任意)でかけなければなりません。

子供損害保険はいろいろ

子供向けの保険といえば「学資保険」と大体の人は思っているのではないでしょうか?しかし、「学資保険」は子供損害保険の中のひとつであって、他にもさまざまな特徴を持った学資保険・子供損害保険があります。

学資保険・子供損害保険には、主に「病気やケガに備えた医療保障」、「保護者に万が一のことがあった場合の保障」、「学費などの教育資金として、「お祝い金」や「満期金」が受け取れるもの」があります。

また、「他人の家の窓ガラスを割ってしまった」、「駐車中の車に傷をつけてしまった」、「他の生徒にケガをさせた」、「飼い犬が他人をかんだ」、「マンションの水漏れ事故で他人の部屋に損害を与えた」等と言った場合も、補償の対象になる子供損害保険もあります。

このほかにも、子供が遭難した場合に、捜索・援助活動の費用を親族が負担した場合、救援者費用等保険金が支払われる子供損害保険もあります。

三井ダイレクト損害保険とは?

三井ダイレクト損害保険会社は、国内損保の中では指折りの安さの自動車保険会社です。

自動車保険の見積もりをとって見て、三井ダイレクト損害保険株式会社が一番安かったという声が多く聞かれます。

年齢・性別・用途・運転歴・安全装置の有無などの区分によって各保険会社の独自の判断で保険料を算出する割引制度を採用した、リスク細分型自動車保険を導入しているので、三井ダイレクト損害保険株式会社の自動車保険は、条件によってはかなり安くなる可能性があります。

三井ダイレクト損害保険株式会社の口コミには、「保険料が安い」、「事故後の処理、アフターケアも万全」、「ロードサービスが無料」など良い評判もたくさんありますが、批判的な評判に共通しているのが、「事故時の他社との交渉力に難がある」という点です。

もし、自動車保険をどこにするか悩んでいるのなら、三井ダイレクト損害保険株式会社を含む、最大15社に一括見積もりできるサービスをおススメします。

損害保険の種類はいろいろ

損害保険とは、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称です。

自然災害や自動車事故など、偶然起こった事故による損害を補償するもので、損害保険会社が予想する損害率に応じて保険料(損害保険料)が決められています。

日本では、損害保険は、保険業法を根拠法とし、金融庁による監督のもとに販売されていますが、火災共済など、保険業法以外に根拠法のある損害保険もあります。

損害保険には、大まかに分けると、

建物、家財、天災、落雷、盗難などが対象の「火災保険」

地震・噴火・津波によって建物や家財が損害を被った場合が対象の「地震保険」

けがによる入院、通院、死亡が対象の「傷害保険」

病気に備える「医療保険」、介護に備える「介護保険」

自動車事故の際、相手・自分・車の損害に対して補償する「自動車保険」

交通事故で、他人を死亡または怪我を負わせてしまった場合に適用される「自賠責保険」

他人のものを壊したり、怪我を負わせたりした場合に適用される「賠償責任保険」

の種類があります。

海外旅行損害保険について

海外旅行損害保険では、海外旅行のために自宅を出発してから帰宅するまでの間の様々な補償を提供します。

渡航先でのもしもの病気やケガ、盗難や破損、他人に対して損害賠償しなければならない事故をおこしてしまうなど、さまざまなトラブルに対して補償するのが海外旅行損害保険です。

年に数回海外旅行に行くような人は、海外旅行損害保険が自動付帯されているクレジットカードを持っていると便利です。

しかしクレジットカードに海外旅行損害保険がついているから必ずしも安心というわけではありません。

一般的にクレジットカード付帯の海外旅行損害保険は、補償額が少ないものがあります。

また日本語でのサポート、医療費の立替え払い、病院を探すなど、渡航先での海外旅行損害保険のサポート体制はどうなっているか確認することも重要です。

損害賠償責任保険とは?

損害賠償責任保険は、個人の日常生活、企業の業務遂行時、被保険者が所有・管理する施設などで、偶然起こった事故の際に、賠償金の支払いや負担する費用を填補する保険で、損害保険の一種です。

特定の物に対する損害ではなく、損害賠償責任保険は、賠償金の支払の元となる総財産に対する損害を対象としていることや、第三者の存在を前提としていることで、火災保険や傷害保険等の他の保険とは大きく異なっています。

損害賠償責任保険で対象となる主なものは、民法上の不法行為責任、債務不履行責任です。

また、損害賠償責任保険では、被保険者の過失責任を対象としており、故意によるものに対しては免責されます。

自動車保険や、傷害保険の特約などで、対人事故や対物事故での賠償責任をカバーしているものもありますが、一般に損害賠償責任保険という場合には、独立した保険商品や他の保険商品に付帯する特約は除かれます。

自動車保険等を賠償責任保険の一種とする場合は、「広義の賠償責任保険」といい、賠償責任保険のほか第三者に対する賠償責任を対象とする保険一般を指します。

自動車損害保険って何?

自動車損害保険には、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)と自動車任意保険の2種類があります。

自動車損害賠償責任保険とは、車やバイクを所有する時に必ず加入しなければならない、国の自動車損害保険です。

公道を走るすべてのクルマやバイクに加入が義務づけられていることから、一般に自動車損害保険の中の自動車損害賠償責任保険のことを「強制保険」と呼ばれています。

自動車損害賠償責任保険の証明書をクルマに積んでいないと、それだけで30万円以下の罰金。自動車損害賠償責任保険の有効期間が切れていると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となっています。

現在、この自動車損害保険の自動車損害賠償責任保険の賠償金の最高限度は1事故1名につき、死亡3000万円、重度の後遺障害4000万円、傷害120万円と決められています。

しかし、自賠責の限度額をはるかに超える高額な損害賠償が発生しているため、自動車損害賠償責任保険だけではカバーしきれないものが多く、ドライバーはその不足分を補ってくれる自動車損害保険を自分の意志で、自動車任意保険をかけなければなりません。

自動車損害賠償責任保険について

自動車損害賠償責任保険(略称、自賠責保険)とは、自動車損害賠償保障法によって、自動車および原動機付自転車を所有する際に義務づけられている損害保険です。

強制的な加入が義務付けられている自動車損害賠償責任保険は、強制保険とも呼ばれています。

この自動車損害賠償責任保険の目的は交通事故が発生した場合の被害者への最低限の補償の確保です。

「被害者に過失がある場合でも過失相殺による減額が緩やかになっている(重過失減額)」、「加害者の家族が被害を受けた場合でも保険金が支払われる」など自動車損害賠償責任保険には被害者に有利な点もあります。

「人身事故にしか対応できない」、「保険金の上限が被害者1人につき死亡3000万円・後遺障害4000万円までと低い」、「加害車両の運転者・保有者の怪我には保険金が下りない」などのこともあるため、それを補うため、別に任意の自動車保険に加入することが一般的になっています。

しかし、任意保険は、自社の支払いを回避するため、自動車損害賠償責任保険によって担保される範囲のみに補償を抑え込むことが常に行われています。この場合、自賠責・任意保険を合わせた一括請求の形を採ることが多く、被害者はそのような欺瞞があったことにすら気付かない場合がよくあるのです。

自転車損害保険について

自転車損害保険(正確には「自転車総合保険」)は、「自転車搭乗中、人にけがをさせた」、「自転車搭乗中、他人の物を壊した」、「自転車搭乗中に転んでけがをした」、「歩行中に運行中の他人の自転車と衝突してけがをした」等の場合に、保険金が支払われます。

電動補助自転車も、自転車損害保険の対象となります。

自転車で人に傷害を与えたときの損害賠償額は、自動車で人に傷害を与えたときの損害賠償額と等しくなっています。

自転車損害保険には、自転車の台数に関係なく保険料が一律の「個人型」と、家族の人数および自転車の台数に関係なく保険料が一律で、本人、配偶者および家族に適用される「家族型」があります。

保険料および保険金額は保険会社によって異なりますが、大差はなく、自転車損害保険を3年契約にすると、1年契約と比べて25%ほど安くなるようです。

全ての損害保険会社は、自転車損害保険を持っていましたが、損害保険会社のホームページ上には自転車損害保険の記載はなく、2004年以降廃止する保険会社が増えています。