その他損害保険情報 損害保険会社・損害保険料の比較検討する相談窓口サイト

損害保険契約者保護機構とは?

損害保険契約者保護機構は、経営破綻した損害保険会社の保険契約者等を保護することにより、保険事業に対する信頼を維持することを目的とした法人です。

以前は「保険契約者保護基金」制度がありましたが、これには破綻保険会社の移転等を受け入れる救済保険会社が現れないと機能しないという問題点があったので、救済保険会社が現れない場合でも対応できる制度として、1998年12月に損害保険業を営む会社によって「損害保険契約者保護機構」が設立されました。

損害保険契約者保護機構の業務内容は、

・破綻保険会社の保険契約の移転等を受け入れる救済保険会社に対して資金援助を行う

・救済保険会社が現れる見込みがないときは、損害保険契約者保護機構自身が保険契約の引受けを行い、損害保険契約者保護機構が子会社として承継保険会社を設立し、保険契約の継続を図る

・保険会社が一時的な資金事情により保険金等の支払いを停止するおそれがあるときは、その保険会社に対し、資金の貸付けを行う

・保険会社が業務停止命令等により保険金等の支払を停止したときは、一定の保険契約者等に対して補償対象となる保険金等の範囲内で資金の貸付を行う

などです。

損害保険会社の格付けについて

損害保険会社の格付けを行う機関とは、保険金を支払う能力に関する保険会社の財務内容の評価を行う機関です。

スタンダード&プアーズ(S&P)等の損害保険会社格付けする機関は、あくまで財務力の評価機関であり、保険商品の評価、事務対応能力等、保険会社の総合格付け評価をする機関は、日本国内では、生命保険格付協会(AIAAA)のみです。

またS&P社による損害保険会社格付けがBBB以下の場合、生命保険格付協会は安定的保険会社とは見ていません。

生命保険格付協会では、S&P社にて、損害保険会社格付けが、少なくともシングルAの財務力評価を得ていることが望ましいとしています。

また、S&P社にて損害保険会社格付けがAクラスであるからと言って、その保険会社に良質な保険商品があるとは言えるわけではありません。

生命保険格付協会では、国内外生命保険会社及び損害保険会社、その他共済団体等の総合評価格付けをホームページ上で、一部無料公開しています。

損害保険不払い事件

損害保険不払い事件は、2005年2月に行われた金融庁による富士火災海上保険の検査にて自動車保険の特約で不適切な不払いが見つかったことが発端です。

以降、生命保険の不払い事件と同様に、損害保険不払いは、次々と大量に発覚しています。

損害保険不払い事件とは、正当な理由に基づかずに保険会社が支払いを拒否していたという事件です。

1998年の保険料の自由化以降、損害保険会社の競争は激化し、各社が特約(独自の保障)を競い合った結果、支払い体制の整備が追いつかず、損害保険不払いが続々と生じることとなってしまいました。

また、それまで外資系生保だに許されていた単品の医療保険を、2001年に国内の生損保が発売することが可能となった(第三分野保険の解禁)ため、各社は、いっせいに医療保険の販売を開始しましたが、医療保険の査定に慣れていなかった損保各社は、支払い体制の不備による損害保険不払いを増やしてしまったのです。

ニッセイ同和損害保険とは?

100年の歴史を誇る「同和火災海上保険」と、急成長を続ける「ニッセイ損害保険」が合併して、2001年4月、ニッセイ同和損害保険株式会社が誕生しました。
生保・損保融合型の“最強の総合保険グループ”をニッセイ同和損害保険株式会社は目指しています。

ニッセイ同和損害保険株式会社は、各種損害保険の元受・再保険営業、新保険の開発、損害調査・保険金の支払い、資産運用・融資などの金融業務をしています。

ニッセイグループの“総合力”を最大限に発揮できることは、ニッセイ同和損害保険株式会社の最大の強みです。

ニッセイ同和損害保険株式会社は、独自性のある商品やサービスの提供をします。

「集合研修制度」では、150にも及ぶ多彩な通信教育を用意するなど、ニッセイ同和損害保険株式会社は、社員に自己啓発の場を提供し、組織をよりよいものにするために力を入れています。

社団法人日本損害保険協会とは?

社団法人日本損害保険協会は、損害保険会社の業界団体で、損害保険の重要性を伝え、人々に信頼される損害保険を目指して活動をしています。

いろいろな疑問に答える情報提供から、金融の自由化や規制緩和の中で損害保険制度の改善に向けた要望まで、社団法人日本損害保険協会の活動は多岐にわたります。

信頼される損害保険の実現に向けて、社団法人日本損害保険協会は、「消費者に損害保険のことをよく知ってもらうための活動」、「防犯・防災など社会に貢献する活動」、「要望や提言をまとめる活動」、「保険に関する国際ルールの制定に向けて、日本の意見を表明する活動」、「損害保険業を支援するために、システムなどインフラを整備する活動」などの事業をしています。

また、社団法人日本損害保険協会では、代理店の資質の維持・向上のため、代理店試験を実施しています。
試験の種類は、「損害保険募集人試験」、「損害保険代理店専門試験」と、各保険会社の保険商品・契約実務・事故処理等に関する知識の習得を目的とする「[会社別]損害保険代理店試験」です。

社団法人日本損害保険協会は自動車盗難・車上狙い防止対策の一環として、「あなたの大切な愛車が危ない!自動車盗難防止ガイド」を発行しています。
ホームページでダウンロードできますし、希望者には一人一冊まで郵送もしてくれます。

損害保険のランキングを参考に

「どの損害保険会社の、どの損害保険に加入したらいいのか?」といった、損害保険に関する疑問を解決するために損害保険ランキングで紹介しているサイトがあります。

真剣に損害保険を探し、悩んでいる方のためには、この損害保険ランキングサイトはとても役に立つと思います。

損害保険は奥が深い金融商品です。
保険選びの参考資料として、損害保険を知ることから始める損害保険ランキングサイトを活用してみてください。

損害保険ランキングサイトは、損害保険の様々な情報を比較しやすいランキング形式で掲載しています。

損害保険ランキングサイトでは、必要事項を入力するだけで複数の会社に一括で資料請求ができるので、対面で営業されるよりも冷静にじっくり判断でき、納得いくまでとことん探せます。

また、このように損害保険ランキングサイトは、他にもたくさんあるので、自分にとって使いやすいサイトを探して、生命保険をいろいろと検討してみるのもよいのではないでしょうか。

アクサ損害保険ってなんだろう

「アクサダイレクト」のブランド名で知られるアクサ損害保険株式会社は、フランスで生まれた世界最大級の保険・金融グループ「AXAグループ」の日本法人「アクサジャパンホールディング」の傘下にあります。

アクサ損害保険は、電話とインターネットによる「アクサダイレクト総合自動車保険」を発売し、2007年7月には、保有契約件数が50万件を突破しました。

アクサ損害保険の低価格性を実現する切り札となっているのが、代理店を通さないダイレクト・チャネルによる販売と、内部業務コストを抑えるための徹底したIT活用です。

次世代のビジネス基盤を実現するキーテクノロジーとしてアクサ損害保険は、今、仮想化に注目しています。

本格的導入への足掛かりとして、デル株式会社が提供するモニタープログラムに参加し、VMwareによる仮想化ソリューションとクアッドコアの親和性がアクサ損害保険社内で高い評価を集めています。

ソニー損害保険とは?

ソニー損害保険は、自動車保険では、独自のリスク細分項目を採用した保険料の実現や、オリジナル特約やオリジナル制度の開発など、ソニー損害保険ならではの商品の提供をしています。

また、事故解決サービスについても、事故後の不安感を軽減できるよう、ソニー損害保険では、専任担当者からの一報を、事故受付後3時間以内にすると言う新たな取組みをしています。

また、第三分野については、ガン重点医療保険を提供し、保障期間が終身の商品に付帯できるソニー損害保険オリジナル特約「60歳保険料半額特約」も販売しています。

また、パソコンや携帯電話からいつでもどこでもご利用出来るよう、ソニー損害保険では、継続的に機能の拡充を図り、利便性向上に努めています。

日本興亜損害保険株式会社

日本興亜損害保険株式会社は、自動車保険、自動車損害賠償責任保険、火災保険、傷害保険、海上保険、運送保険、賠償責任保険、動産総合保険、航空保険、機械保険、建設工事保険、労働者災害補償責任保険、費用・利益保険、保証保険、信用保険その他の保険および保証(ボンド)の保険契約の引受けと、保険料などの金銭その他の資産の運用を行っています。

政府の自動車損害賠償事業の一部受託、天候デリバティブ販売業務、日本興亜生命保険株式会社及びそんぽ24損害保険株式会社の事務の一部代行、保険契約締結代理店業、損害査定および精算事務の代行、国債の窓口販売業務、確定拠出年金事業、投資信託販売業務などの業務も日本興亜損害保険株式会社は行っています。

特定の金融グループに属していない日本興亜損害保険株式会社は、このグループの枠組みにとらわれない、独立系のメリットを活かしたスピーディーな経営と戦略的な提携を展開しています。

損保・生保あわせた総合保険サービスを、日本興亜損害保険株式会社は提供しています。

損害保険会社としての社会的・公共的責任を念頭に置き、日本興亜損害保険株式会社は、安全性・流動性・収益性の基本三原則に則り、効率的な運用を行っています。

日本興亜損害保険株式会社は、確定拠出年金事業や投資信託の販売なども行っています。

セコム損害保険のガン保険

セコム損害保険では日本で唯一、自由診療による治療費を全額補償するガン保険「自由診療保険メディコム」を発売しています。

このセコム損害保険の「自由診療保険メディコム」は、乳がんを経験した女性のためのがん保険です。

入院治療は無制限、通院治療は最大500万円まで補償されるので、セコム損害保険の「自由診療保険メディコム」に入っていれば、自由診療でも公的診療でも安心してがん治療が受けられます。

万一、乳がんの再発・転移が生じた場合でも、他の癌にかかった場合でもセコム損害保険の「自由診療保険メディコム」はキチンと補償してくれます。

治療費の負担の割合は、自由診療では100%、公的診療では30%補償されます。

セカンドオピニオンを受けた場合には5万円、自由診療による乳房再建手術を受けた場合は50万円の保険金がセコム損害保険の「自由診療保険メディコム」から支払われます。

がんに関する様々な相談を受けるなど、メディコム・ナースコールがサポートしますし、がん治療で定評のある医療機関や、セカンドオピニオン外来がある医療機関も紹介してくれます。

損害保険募集人試験について

損害保険代理店として損害保険契約の募集を行うためには、損害保険会社と代理店委託契約をし、内閣総理大臣の登録を受け、また、損害保険に関する「法令や知識」を習得する必要があります。

日本損害保険協会では、代理店の資質の維持・向上のため、代理店試験を実施しています。
試験の種類は、「損害保険募集人試験」と「損害保険代理店専門試験」です。

損害保険募集人試験」は、新たに募集人になろうとする方を対象とし、募集人としての基本的な資質を確保することを目的としています。
なお、損害保険募集人の資質向上を図るため、2007年10月期試験から「損害保険募集人試験」の試験内容がレベルアップしています。

このレベルアップは、基礎的な知識を問う従来の試験から、応用的な知識を問うように「損害保険募集人試験」の問題内容を難しくするものです。

また、日本損害保険協会は、募集人の資質向上を図るため、損害保険募集人試験に更新制度を導入することを決めました。

これにより2008年度から、新たに募集人になる方、既存の募集人は5年毎に繰り返し試験を受験することになります。

あいおい損害保険について

あいおい損害保険株式会社」の「あいおい」は「相生」と書いて、共に生きる、一緒に生まれ育つこと、また「愛生」と書いて、愛が生まれる、との意味を持っています。

また、あいおい損害保険のブランドを「IOI」とし、これを「あいおい」と読みます。この「I」は人を、「O」は人を繋ぐネットワークを意味しています。

またシンボルマークは、「IOI」をモチーフに2つの躍動する「I」、それによって構成される「O」で、あいおい損害保険のめざす総合的・発展的な事業のダイナミズムと社会とともに歩む基本姿勢を表現しています。

あいおい損害保険では、契約の申込み時に、「ご契約内容確認書」に記入することで、その保険が、お客さんの希望にあっていて、適切な契約内容や保険料が提供できているかを弊社代理店・扱者が、確認する「安心・ご確認運動」を実施しています。

これは、現在あいおい損害保険で加入している契約内容についても実施しています。

日本興亜損害保険はどう?

日本興亜損害保険株式会社は、自動車保険、自動車損害賠償責任保険、火災保険、傷害保険、海上保険、運送保険、賠償責任保険、動産総合保険、航空保険、機械保険、建設工事保険、労働者災害補償責任保険、費用・利益保険、保証保険、信用保険その他の保険および保証(ボンド)の保険契約の引受けと、保険料などの金銭その他の資産の運用を行っています。

政府の自動車損害賠償事業の一部受託、天候デリバティブ販売業務、日本興亜生命保険株式会社及びそんぽ24損害保険株式会社の事務の一部代行、保険契約締結代理店業、損害査定および精算事務の代行、国債の窓口販売業務、確定拠出年金事業、投資信託販売業務などの業務も日本興亜損害保険は行っています。

特定の金融グループに属していない日本興亜損害保険は、このグループの枠組みにとらわれない、独立系のメリットを活かしたスピーディーな経営と戦略的な提携を展開しています。

損保・生保あわせた総合保険サービスを、日本興亜損害保険は提供しています。

損害保険会社としての社会的・公共的責任を念頭に置き、日本興亜損害保険は、安全性・流動性・収益性の基本三原則に則り、効率的な運用を行っています。

日本興亜損害保険は、確定拠出年金事業や投資信託の販売なども行っています。